BRAND

BRIDAL
AFFLUX
W&L Diamond
Only you
heart island
nocur
CHER LUV
1122bridal
Ankhore
After Service
WATCH
HAMILTON
G-SHOCK
CASIO
CITIZEN
ORIENT STAR
SEIKO
Paul Smith

Column

チロリアンヌのから騒ぎ

2021/09/08

第59回

『これまでに吐かれた金言名句のうちで、人間の愚行をひとつなりとも食い止めたものは皆無に近い。』
トマス・B・マーコリー

こんにちは、チロリアンヌ水無月です。

突然ですが、なんと今回チロリアンヌのから騒ぎ、最終回です。えーーーー一つつつ! ! !

いつもご愛読頂いていた方がいるならば、いつもこの自由なコラムにお付き合い頂いて本当にありがとうございました。

難産の回もありましたが、回数にして全59回、期間にして6年とちょっと、我ながらよく続けて来れたなぁと思います(すっとばし回もありましたが..)。

そんな最終回に私のプライベートを振り返ってもしょーもないので、10年以上に渡り、私が店頭で主に請け負う機会の多かったブライダルリングの対応の際、よくお話したことなどを述べてみようかな、と。真面目ですね。

まず、ブライダルリングをお探しの皆さんがご希望としてほぼ9割近くの方が仰るのは「シンプルなもの」という言葉。

その言葉が差す意味とは実はとても曖昧で、個人差が著しい表現です。↓

では何故それを目指すのか?と掘り下げていくと、「長く飽きないものを」「年齢を重ねても浮かないものを」「日常で邪魔にならず使いやすいものを」というご意見が多いです。

なるほど。ではそれを極めていくとどうなるか?最たるはコレです↓

 

 

ですがコレを提示するとほとんどの方が

「ここまでシンプル過ぎじゃなくて…」「何かもう少しワンポイント欲しくて…」「あんまりみんなと同じになるのも嫌で..」

などなど申されます。

そこから見えてくる“本当に欲しいもの"は皆さん実に様々です。まぁ当然ですよね。

ライフスタイルもリングに込めたい想いもリングを持つ意味も好みも理想も全く違うのですから。

そうして見えてきだ'本当の好き'を、

「いつか飽きてしまうと思うから」「いつか年相応に見えなくなるから」「もしかしたら壊してしまうかもしれないから」

と理由を付けて諦めてしまったり妥協するのってとても勿体ないと思いませんか?

 

飽きてしまうかも… 本当に?

いま相手を想う気持ち、ふたりで生きていくと決めた気持ちもいつか飽きるかもと予想しますか?

指輪は、“これから"を決めた“いま"のふたりの想いの証です。

年相応に見えなくなるかも… 本当に?

おじいちゃんおばあちゃんが、いくつになっても「おじいちゃん(おばあちゃん)との指輪*^ ^*」と

可愛いリングをいつまでも大切に付けている様子、果たしてみっともないでしょうか。

壊してしまうかも… 本当に?

これからの一生を肌身離さず共にすることが前提の結婚指輪です。

実際指にすると、ご自分でも想像できなかったほど大切に扱うことができるかもしれませんし、元々の強度だけでなく、繊細なデザインだとしても現在はもしもの時の為にアフターフォローが非常に手厚いブランドもあります。

 

いえ、単純に究極に無垢なデザインが好きなんです、というのであれば話は別ですが、指輪に対してもしそういった将来に対する不安や心配があるとするなら、是非一度よく考えてみて頂きたいのです。

現在は数年おきに買い替えたり、増やして重ねたり、結婚指輪に対する価値観も実に多岐に渡ります。

とはいえ、人生の最期までひとつの指輪を愛用し続ける方ももちろんたくさんいらっしゃいます。

生涯たった一つになり得るかもしれない指輪です。

お相手を生涯の伴侶と決めたときと同じように、「これがいい」という思いを消極化させず選んでもらいたいなと思います。

この内容は本当にたくさんのカップルにお話し、その多くの皆さんが本当に好きなもの、ほしいものを選んでくださいました。

それを数年後にメンテナンスなどでお持ち込み頂ける機会にはとてもうれしく、お帰りなさいという気持ちになります。

みなさんとても大切に、だけど気兼ねなく身に付けていてくれたのだなあということが分かるからです。

最終回ということでいつになく熱弁してしまいましたが、本当に最後までご愛読いただきありがとうございました。

今後もチロリアンヌはちまちまと地味な趣味を繰り返しながら、流れ流れていきたいと思っております。

ので!またどこかでこの名前を見かけたときはどうかお見守りくださいm(_ _)m

それでは皆様の益々のご多幸とご健勝を願って…

See you again…☆彡

 

«Prev || 1 || Next»

▲上に戻る