BRAND

WATCH
HAMILTON
SEIKO
CITIZEN
CASIO
ORIENT STAR
Paul Smith
BRIDAL
AFFLUX
Only you
heart island
Something Blue
nocur
c-ism
CHER LUV
1122bridal
Ankhore
After Service

Column

チロリアンヌのから騒ぎ

2019/10/07

第41回

『ヒューヒューだよ!』
ドラマ「⼆⼗歳の約束」より

こんにちは。チロリアンヌ⽔無⽉です。

涼しい!ようやく秋がキタ―――!!ヽ(゚∀゚ )ノ

夏の疲れも出つつですが、やっと少しずつイキイキしてきたチロリアンヌです。

今年もよく耐えた…(lll-ω-) 軽度とは⾔え熱中症を何度乗り越えたことでしょう…拍⼿。

いよいよいろいろ無理なので、これは来年に向けて何か作戦を考えなくては…。

と⾔いつつ、待ち焦がれていた秋をまずは⼀旦満喫中です( ' ༥ ' )”

 

 

世の中 暗いニュースが多くて憂鬱になりますが…先⽇⾜を延ばした渋⾕では、同じ⾊のポロシャツを着た外国⼈がなんだか多くいるなーと思ったら、その⽇はちょうどラグビーの開幕戦の⽇で、各チームのサポーターたちでした。ナルホド。。

今までなんとなくマイナーに感じていた競技ですが、⽇本での開催も盛り上がっていますし、少しでもポジティブな雰囲気とニュースが増えればいいなぁと思います。

 

昔からどうも苦⼿で寄りついていなかった渋⾕、私は実に⼗数年ぶりでした!

そういえばセンター街も“バスケットボールストリート”に名前を変え、109もロゴが新しくなったんだっけ〜とお上りさんまる出しでキョロキョロ。笑

馴染まないだけかもしれませんが、バスケ通りも109ロゴも前の⽅が良かったなぁ、と感じます。

渋⾕ニガテ〜とか⾔っておいてナンですけど。笑

(でも そもそもバスケ通りって浸透してた??と軽く調べたら廃⽌になってたんですか???)

 

思えば今よりも若者カルチャーに勢いがあったように思う90年代。

チロリアンヌは後半からがドンピシャ(この⾔葉も当時っぽい)の世代です。

J-POPアーティストからファッションの流⾏が⽣まれたり、当時⼩学⽣の私は流⾏の発信元となる⾼校⽣に憧れる⽇々でした。

⼤好きだったアーティストは安室ちゃん筆頭に⼩室ファミリー、SMAP、ジュディマリ、SPEED etc...

愛読マンガはご近所物語、ママレード・ボーイ、こどちゃ、恋愛カタログ、イタKiss etc...

懐かしくて今でも当時のカルチャーを振り返ると時間を忘れて楽しんでしまいます。

 

で。なんだか最近はやたらと多⽅⾯で90年代カルチャーブームなのでしょうか?

ファッションやフードまで、当時の流⾏がリバイバルしているように感じますよね、タピオカとか。

それにならってなのか、各ウォッチブランドでもNEWモデルの解説を読むと「90’sのファッションシーンにインスパイアされた…」とか「90年代にセンセーションを巻き起こした…」などと書かれているものが非常に多いです。横⽂字が多いですねっ。

 

 

確かにそう⾔われれば、そこはかとなく90’sっぽさを感じるような…気も…

ま とにかく、90’sがコンセプトのNEWアイテムたち、みんな総じてカワイイです!

個⼈的にシンプルでミニマムなスタイルが蔓延しすぎかな、とも感じる今⽇この頃、⾜し算や掛け算なコーデがまたじわじわ来たらおもしろいだろうな〜と感じます。

個⼈の趣味も流⾏もまだ、今ほどは多様化されておらず、みんなで⼀つの物を追っていた、ほとんど最後の時代のようにも思いますね。

それぞれに個性を追える今もとてもいいと思いますが、だからこそ、たまには⾃分の⻘春時代のブームを今っぽくアレンジしたりして再熱させるのもいいかもですね♪

…ちなみに今回 選んだ冒頭の「ヒューヒューだよ!」は、酔うといまだにまあまあ⾔っちゃう名台詞です…。

ファッションや⾷べ物以外にも流⾏語もリバイバルしないかなあ。。笑

2019/10/07

第40回

『今を維持しようとする⼒と変えようとする⼒、その⽭盾する⼆つの性質を⼀緒に共有しているのが⽣き物なのよ。』
⾚⽊ リツコ「新世紀エヴァンゲリオン」より

こんにちは。チロリアンヌ⽔無⽉です。

予感していたとおり、お盆を過ぎたとて続く夏⽇にすっかりくたくたな私です(+_+)

オフの⽇は涼を求めていろんな場所へ避暑するのが常になっていますが、先⽇訪れた⻘森市はその⽇、スッキリと晴れ空気もカラッとしていて、最⾼に気持ちよかったです!

今回の目的はエヴァンゲリオン展!CM打ちまくっていたのでスルー出来るわけがありませんでした。

ストーリーの世界観などより、制作サイドの資料展⽰がメインで、個⼈的にはより没頭して楽しめてとても良かったです!

それから、すっかり私のanother skyとなった富⼠の畔、河⼝湖も。

夏の間はなかなかクリアな富⼠⼭を臨むことは難しく、その点は冬が待ち遠しいばかりですが、2ヶ⽉ぶりに訪れた⼤好きなその場所は、変わることなく私を待っていてくれました。

相変わらず攻め気味の3泊3⽇コースでしたが、たくさんの不思議な偶然とラッキーに恵まれ、いつになくぎゅぎゅぎゅと充実したチロリアンヌのささやかな夏休みでした☺

Thank you for always supporting me...!

 

 

今シーズンは⻘森と河⼝湖をそれぞれ巡りましたが、最近1都会よりも⾃然が豊富な場所の⽅に惹かれるようになっている気がします。

(ついにとうとう⾔い逃れのできない年齢ということでしょうか…花⿃風⽉的な。)

空の⾊や雲と、⼭々や⽊々や草花と、湖や海などの⽔辺、それらが彩る景⾊は1秒ごとに変化して、どれだけ眺めていても決して飽きることがないなと感じます。

変化は起きませんが、同じくどれだけ⾒ていても飽きないのがピクチャーストーンと呼ばれる⽯です。

その名のとおり、⾃然に⽣まれた鉱物の断⾯に起こる模様が絵のように⾒える⽯がそう呼ばれています。

アゲートやジャスパーなどが有名ですが、個⼈的にはオパールのピクチャーストーンがとても好きです!

先⽉ 熱弁したクリムトやシャガール、モネなどの世界観を彷彿させるような⾊や光が柔らかくたゆむ様⼦がなんとも⾔えないほど美しく、まさに⾃然が描き出した絵画のようです。

 

 

こうしたピクチャーストーンはコレクターもいて、ルースのままはもちろん、ペンダントやブローチなどのジュエリーとしても⾒かけます。

まさに⾃然が描き出した天然のアート作品と⾔えますね!

普段の店頭にはほとんど置かず、展⽰会などでも⾒かける機会は決して多くありませんが、⾒つけた際には絵画のような⾒⽅で鑑賞してみるのも楽しいですよ♪

展⽰会で、博物館などで、ぜひ探してみてくださいね。

«Prev || 1 || Next»

▲上に戻る